2018年11月26日

モデルさん募集

日々、被写体になってくれるモデルさんを探しています。

知り合いのグループ展に出掛けてみたり、友人のライブに顔を出してみたり、いろいろ手を尽くしているんですが、リアルにお会いした人のツテを頼りにしているだけではなかなか縁が無い。

顔見知りとか初対面とか、プロとかアマとか、経験者とか未経験者とか、日本人とか外国人とか、そういうものはまったく気にしない。
演劇や音楽などをやっていて自己表現を得意としている人、自分をアピールしたいとか何かを発信したいと思っている人なども大歓迎。

逆に、こちらからモデルさんに要求することなどは特に無くて。
強いて言うとしたら、最低限の常識と良識がある人。
たとえば、ちゃんと約束した時間に約束の場所に来られる人、とかね。
それで十分かと(笑)

モデル料などについても、たとえばアルバイトとかフリーターをしている人は仕事を休んで来てくれるわけですから、少なくともそのバイト代を上回る金額をお支払いできなければ申しわけないと思っています。

都内か横浜あたりのスタジオを利用した室内、あるいは屋外でのポートレート撮影。
すべて着衣の撮影です。
水着やランジェリー、もしくはヌードでの撮影は一切ありません。

こんな感じの内容で、いつもだいたい時給6000円くらいでお願いしています。
そんなに悪い条件じゃないと思うんですけどね(笑)

モデルをやってみたいとか人に写真を撮ってもらいたい、と思った方はぜひご連絡ください。

あと、自分じゃないけど、身の回りにモデルやりたいとか写真撮ってもらいたいという人がいるという方もぜひ紹介してください。
初撮影で初対面のときは友達を一緒に連れて行きたい、なんていうのもぜんぜん問題ありません。

ぜひぜひ、よろしくお願いします。

##
冬って、夏よりもポートレートに向いている季節だと思うんですよね。
posted by AZUMIX at 02:51| Comment(0) | 写真

2018年05月14日

名刺リニューアル

新しい名刺を作りました。

最近、タイ人の知り合いとお花見に行ったり、タイフェスティバルがあったり、なにかとタイ人と接することが多い日々を過ごしています。

で、以前からずっとタイ語表記の名刺を作らなくちゃと思っていたので、この度ついにリニューアル版を作成しました。
と言っても、名刺の内容って電話番号とかURLばかりだから、タイ語にするのは肩書きと氏名くらいしか無いんですけどね。
次から渡すときには、相手によって日本語版とタイ語版の名刺を使い分けることにします。

「名刺って誰彼かまわず渡せばいいってもんじゃないのよ」って言う人もいるけど、私の中では「リアルでお会いした方へのお近づきのシルシ」みたいに思っているので、あまり深く考えずにバンバン配りまくってます。
もったいぶるようなものじゃないしね。
posted by AZUMIX at 03:38| Comment(0) | 日記

2018年05月03日

フォトブック完成

ずいぶん長いこと構想ばかりでぜんぜん作業がすすまなかったフォトブックですが、このたびようやく完成しました。
昨年の夏に開催した個展の作品をすべて収めたものです。

個展の会期中に来場された方から「この個展だけで終わりにしてしまうのも何かもったいないですね」と言っていただいたことがずっとあたまの中に残っていまして。
気心の知れた方なので社交辞令で言っている風でもなく、その言葉をとてもありがたく受け取らせていただきました。
そんなこともあり、個展の雰囲気をすべてそのまま凝縮して保存ってわけにはいきませんが、それでも最終的には何か形に残るものとしてまとめておきたいと思っていました。

私が写真を撮る上でバイブルとしているものに、山口小夜子さんの「未来を着る人」という図録があります。
2015年に東京都現代美術館で同名の展示会がおこなわれたときに発行されたものです。
観賞用、観賞用予備、保存用、永久保存用ということで4冊持っています(笑)
自分もいつかはこんな図録を作ってみたいと、ずっとずっと思っていたものです。
なので、今回のフォトブックはクオリティの面では一切の妥協をしない作りにしました。

フォトブック製作の業者をネットで探してみると、最安は500円から最高は20000円オーバーまで、それこそピンキリ。
10冊程度の小ロット印刷では割引などもなく、やっぱり書籍でもCDでも自費出版っていうのはとてもお金の掛かることなんですね。
アイドルやグラビアモデルの写真集が3000円台で作れるのは、やはり大量発注だからこそ為せるワザであることを痛感しました。

今回、さすがに万越えの最高級仕様にはできませんでしたが、それでもA3スクエア(LPジャケット)サイズ、ハードカバー表紙、見開き180度フルフラット製本という装丁だけは妥協せず、適価で作ってくれるところをなんとか見つけて発注しました。

こんな感じです。
preview-49.jpeg

とりいそぎ、個展に関わっていただいた方や写真関連でいつもお世話になっている方には、今回の感謝を込めてお送りさせていただきました。

現在は個展を開催した会場の「ギャラリー世田谷233」に置かせていただいて販売もしています。
もし何かのご縁があってご来場(ご来店?)された際には、閲覧用のサンプルも置いていますのでぜひお手にとってご覧ください。

いちおう7000円(税込)という値段をつけていますが、もともとこのフォトブックを売ることで儲けようなんてことはまったく考えていないので、じつは原価を割っています。
なので、売れば売るほど赤字になるという・・・
そのぶん、ひとりでも多くの方の目に触れさせていただくことができれば、と思っています。

このフォトブックに収めた作品は私のInstagramでも観ていただくことができます。
https://www.instagram.com/paragonsiam/
#愛深 というハッシュタグのついた17作品になります。
もしよろしければ、こちらでもぜひご覧ください。
posted by AZUMIX at 01:37| Comment(0) | 写真